超☆未期限



<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


キ日記11

長年やっとりますと色々ございまして・・
男はそういうと黒いかばんからなにやら包みを取り出した。

まあ、というわけでこれちょっと預かっていてもらえませんか。
初対面の僕にそういうと男は包みを僕らをはさむテーブルの上から僕に押し寄越した。

ここ、私が払っておきますから。ええ、あなたはゆっくりしていってください。
そういうとかれは伝票をもってあわただしく出て行った。

彼とはついさっきこの喫茶店で知り合ったばかりだ。
と、よく考えれば名前も聞いてないじゃないか。

話したことといえばコーヒーのこととジャズミュージックについて。
あと、彼の着ていたコートについてだ。
はて、なんでそんな話になったんだろうか?

兎に角だ。
彼から渡されたこの包み、果たしてなんであるかはよくわからないが、
重さで言えば5キロはありそうだ。そして硬い。綺麗な布で包まれてはいるが
案外その中はただの漬物石やもしれない。

「大丈夫ですよ。あなたはただ1週間待てばいい」
不安そうにしている僕に店のマスターがそういった。

「いやになればその包みをどこかに放り出すこともできるし、そもそもこんな話など
なかったかのように、それをここに置き忘れてもいい。もしくは、その包みを開き、
それを頼りに彼を探し出してもいい。そう、どんな行動に出ようと1週間です」

カランッ
机の上にあったお冷の氷が鳴った

とりあえずカルボナーラをください。
その間に考えます。
僕は傍らにあった雑誌の上に包みをおいて、注文をすると窓の外に目を向けた。

「お代は彼からいただいてますから結構ですよ」

窓の外に流れる川のせせらぎがそういった。
[PR]
by sansetukon4 | 2008-03-23 00:24 | キ違い日記

き日記10

花粉にまみれながら公園でおさぼり。
くしゃみがとまらんが春眠は暁を覚えずなので、落ちてくる目蓋にはかなわない。
そんな何もかもここが門前仲町であrことも忘れ去られそうな午後の昼下がり(重なっているのも愛嬌)。

目の前ではおじじやおばばがこれまた花粉にまみれてなんかしてる。
重いまぶたの隙間からそれを眺めている僕。
多分ゲートボールだ。

ああねむい・・
いまが常世かそれとも夢か、これは僕か蝶か?
そんなこと考えながら船こいでたら、手にしたタバコの火が手に落ちた。

あつい!それは麗らかな春の日の光や花粉のうっとしさ、暁覚えずとも炎の熱さが皮膚焼くいたさは本能で感じられたり。とにかく眠気覚めて飛び起きる。
で、火の粉払って一安心。ふと滑稽な自分を果たして老い先みじかし先人たちはいかなる目でみておられますやらやれ羞恥の気持ちでまえをこそっとみると。

あれ?
彼ら手にしたるはこぶし大の鉄球で、それをじめんにぶったたきつけておられるではありませんか?そして時にはそれを他の先人の足元転がる別の鉄球を狙っているのか、先人の枯れ木のような脚を狙っているのか投げ散らかす。そして、球の行方に一喜一憂狂的な笑声を甲高く上げる。なるほど、そこの先人はそちらにおわす淑女に気があるようで・・・ってあぶね!球飛んできたがな!こんなもんが!がすっ!ああ、蹴れるほど軽くないのね・・・先人すごいわ・・・

などといっておりましたらまた目蓋が重くなってまいりました。
先人がだんだん餓鬼に見えてきました。これが俗に言う子供返りなのでしょうか?
わかりません。が閉じていく視界の中。ここは常世か楽園か?はたまた夢か幻か。
僕は蝶か。蝶が僕か。

はちみつレモンは大好きです。


※更新ボタン押そうとして画面スクロールしたとき、エキサイト公式コンテンツ応募のしたの
亀のタグの注釈が「おちんぽ」にみえてしまいました。死にたいです^^
[PR]
by sansetukon4 | 2008-03-11 23:08 | キ違い日記

キ日記9

Ёソロー!わでわで社畜は常にお客様のために働いておるのです。
そこ忘れると、痛い目にあいます。まさに今の僕は痛い目にあっております。
でも、そんな僕も財布に金を詰め込んでどこかに行けばお客様なのです。

で、そんな感じで人生回っていますので、よく謙虚な人とかが「人生送りバントですわ(笑」
なんていってますが、これには納得遺憾わけですよ。遺憾わけです。

送りバントって何かわかってますか?と。
いや、いいたいことはわかるのよ。自分を殺してでも人のためにってやつでしょ?

それこそ傲慢じゃね?
というか、まず送りバントの状況がわからないし、その人の立場も判らない。
つまり、送りバントだって言ってる人が実はパワー255Aの4番バッターで、しかも
回は9回1アウト2,3塁とかだったとして、送られる側としてはどうなのか考えたことあるのかと。
それはランナーにとってもプレッシャーであり、さらに言えば、5番のバッターなんざ太田胃散がぶ飲みですよ。

それを省みず「僕は人のため送りバントなんで^^v」
っていわれましても・・
そもそも、送るほどあなたや私には人望があるのかと。

ないわぁあ。

つことは、間違いなく、われわれは所詮透明ランナーなんじゃないんか?
こう、いてもいなくてもまあ、影響はなくて、気づいたら3塁で憤死とかしてる。
そんなんでええやないの。自主的に盗塁するでもなく、監督やリーダーの意のままに、
時にはハンデの為だけに、毎回いきなり2塁にいたり、よっぽどそのほうが、我々社畜には
あっておるのではないかと?

あぁ、やってらんません。
わしは旅立ちます。どこかへ。

はいはい
[PR]
by sansetukon4 | 2008-03-08 23:54 | キ違い日記


街は後いくつの戸惑い投げかけるの?
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31