超☆未期限



<   2005年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧


ゲキ重くてごめんなさい。でも、衝動を抑えられなかった・・

b0030832_0335935.jpg

鳥「たすけてーー!!」
鳥B「なんかいみわかんねーけどこえーーー!!」
鳥C「つか、同族っぽいけど、こえええええ!!」


b0030832_038764.jpg

鳥B「はあはあ・・も、もうだめだ~~」
鳥「ばかやろう!諦めないで走るんだ!」
鳥C「つか、飛んだほうが早くね?」
鳥「・・・・・」
鳥C「黙殺かよ!」

ガバァアアア!!
一同「!?」



b0030832_043306.jpg

ガブリ!
鳥「あああああ~~~ぁあああ?!!」

b0030832_0452978.jpg

ズズゥウウーーン!ズズゥウウーン!
鳥B「痛いよ~~」
鳥C「兄者~~助けて~~」

鳥「こりゃ、もうだめぽ・・
??「まてーーーいぃ!!」

鳥「??」


b0030832_0474057.jpg

??「そこまでだワルダック!このアメリカンショートヘアー(茶)がきたからにh・・あ!

b0030832_0513388.jpg


アメショ(茶)「ゲキマブガール発見!!トウ!!!」


b0030832_0561339.jpg

茶「なあ、ええやろ、やらせろや、なあ?ええやろ?なあななあああ!!」
ミケ子「えー、わかんなーい。え、え、わかんなーい」
パンパンパン!
パンパンパン!
茶「ええわー、ごっつええわーー」
ミケ子「わかんなーい」

鳥「・・・・・?!」
ズーン、ズーン!!
ガガガガ!!!
バリバリ!バリバリ!!
「うぎゃーーーー!!!!」
「いってーーーーー!!!」
茶「はあ、はあ、はあはあ」
「このひとでなs・・・ぎゃああああ!!!」
バリバリバリバり!!!
ぼろーーん
茶「・・んだよ!うるせえな!集中できねえじゃねえk・・・あ
b0030832_125253.jpg


茶「・・・・・・」
ミケ子「ねえ、どうしてやめちゃうの~~」
茶「え?いや、ん?てか、これ・・・・・・」
ミケ子「ミケ子わかんなーい」
茶「ん。つか、わかんないっつーか・・俺?」
ミケ子「わかんないけど、違くない?」
茶「え、あ、そうかな?」
ミケ子「そんなことより続きは~~??」
茶「ん。そ、そうだな、げへ、げへへへへ!そうだ!」

b0030832_163778.jpg

茶「どーだー?こんなんもええやろ!新鮮やろ!なあ?なあ?どうなん?なあ?なあ?」
ミケ子「わかんなーい。でも、あたらしぃかもーー」
茶「やろ!ええやろ!なあ?ええやろ?」
ミケ子「わかんなーい」
バッコパンパン
バッコパンパン!!
茶「(正味、すまんかった・・)」

fin
[PR]
by sansetukon4 | 2005-04-30 01:07

やほい!

故あって、デジカメというカメラ界のニューヒーロー様が家にいらっしゃったので、せっかくということで、わが相棒ぱんぺろうを激撮!

やっべー、超楽しい!

ぱんぺろう1
b0030832_2126487.jpg


ぱんぺろう2
b0030832_21462944.jpg


そして、プリウス大明神と命の水烏龍茶(ソーマ)&パコチャン電話!
b0030832_21524656.jpg


うっひょーひょー!!
あれだな。意味ないものほど撮っててたのしい。コレ真理!VIVA!
まあよか。
つまり、ネタがなかっただけなんですよ。

うん。ではでは
[PR]
by sansetukon4 | 2005-04-29 21:54

けしておじゃまは

今日はクラスメートの誕生日でした。彼は僕のもっとも親しい中国人フレンドです。
で、とりあえず飯食ってカラオケに行こうということになったんですよ。まあ、定番ってやつ?うん

で、そうすると近所には当たり前の話「中国語メイン」のカラオケしかないわけで。
中国人が中国メインのカラオケに行くわけだから、当然歌われる歌は100%中国語ナわけですよ。そうなると、4年もいながら中国の歌にさほど興味がない僕は、必然的に聞き手側に回らざる終えなくなるわけです。

いや、それに全く問題はない。やつらの絶叫、ほとばしるシャウトを聞いてるだけでも十分楽しいからね。

ところが悲しいかな、僕の友達っていうのが少し日本語ができる上に、妙に「きぃつかい」なところがありまして

「日本語の曲入れてもいいぞ。」とか「おい、おまえら、こいつにも分かる歌唄えよ!」とかいいだして。

うん。非常にありがたい。非常にありがたいのだが
そうやって君が気を使って入れてくれた、小田和正の曲を僕は知らないし「だったら知ってる曲適当に入れて唄えよ」って話になって、実際知ってる曲をやっとこさ見つけて、いざうたったらうたったで

「さっさとおわんねーかなー」ていうみんなの空気が痛いんだよ!
ていうか、オマエまで「まだ?ねえまだ」的なオーラを出すな!

で、耐え切れなくなって「消してええよ」っていったら
「この曲うたえる?」と、またよく分からない歌謡曲歌わされるし・・
ホンマ、拷問やで実際。

ではでは
[PR]
by sansetukon4 | 2005-04-28 23:08

うぇうぇっぷ

学年が1つ違うだけで、テストの難易度がここまでかわるか!?
脅威のクオリティーVIVAふーたん!

まあ、一山超えた感じ。そこにある開放感。俺は自由だ!
自由だからパンツ一丁で執筆してもOKですかー?
OKです!

風呂上りで執筆してるせいで、わきの下から、妙に勢いがついた液体がこう「ツツゥツーー」と流れるんですがOKですかー?
お・・s・・・アウト!

人はいくら自由を手に入れても、わきの下のエチケットには厳しい。
むしろ、余裕のある人ほど、上流の人間ほど、脇に厳しい。

だから僕は、本当はそんなことしたくないんだけど、そういう人たちに嫌われたくないから、今日もレオドラントローションを脇に塗る。

ヌリヌリ。ヌリヌリ・・

で、また執筆する・・・・・・「つ・・つつぅつーー」
あーね。
なるほどね。

その程度のデオドラント(制汗)ではたらんと!貴様が思っている以上に貴様のわきの下で燃え滾るコスモはすごいんだぞ!と。

しょうがないので、またローションを塗る。
ヌリヌリ。ヌリヌリ・・

そしてしpp「ツツツゥツーー」

えー・・・
と、半ば途方にくれていた、そのとき

ゴンゴンゴンゴン!!!
ちょうど背にしている窓を誰かが強くたたいた。

ここ6階やで。
と思いつつ振り替えると

平和の象徴しろ鳩さんがくちばしに
「垂れてるの、それ、ローションやで」
と書かれた紙ッ切れをくわえていた。




そうだ

今日の夕飯は八宝菜にしよう!

ではでは
[PR]
by sansetukon4 | 2005-04-27 18:06

まだまだぁ!

レモンと蜂蜜ではーちみつれもん♪
一昔このはちみつレモンが何をきっかけにか知らないけど、日本列島で一大ムーブメントを起こした。

まあ、すると世の常というか、ほっといても売れるものを作らないわけがない!
と、どこの飲料メーカーもこぞってこの「はちみつレモン」をつくったわけです。

なかには奇を照らそうとしたのか、本気で間違えたのか「はちみつみかん」等の「いや、オレンジ元から甘いやん」とつっ込みたくなるようなものから「はちみつグレープ」等の「おしいけど違う」みたいなのまでそれこそ「~れもん」がつけば!「はちみる~」がつけば!的なテンションで色々な「はちみつれもん」亜種たちも誕生しました。(いや、はちみつグレープに関しては、そこそこ売れたのかもしれないけど、グレープフルーツは苦いから嫌いという個人的理由から、失敗作として扱わせてもらいます)

しかし、それら二番煎じ、二匹目のどじょうが元祖ブームの火付け役に勝てるわけもなく(たまごっちにぎゃおっぴが勝てなかったのと同じ)、それら亜種は登場してはきえ、登場してはきえ、最終的に元祖だけが残ったわけです。

すると今度は元祖同士「どれが本物か」というつぶしあいのバトルロワイヤルがはじまりました。
また、そうしたバトルロワイヤルが始まるころには、往々にして世間のブームはピークを過ぎていて、現れたときと同じような、いや、それ以上の勢いで「はちみつれもん」は消えていったわけです。

いや、なんでこんな話をしだしたかっていうとさ、その当時、僕も世間同様「はちみつれもん」というありがちなのに新しい不思議な飲み物の魅力に魅了されていた一人だったんですがよ。
で、自分が飲んでいたはちみつレモンは絶対に「キリンが出してたやつだ!」って思ってたんですが、さっきふと「サントリーがだしてたやつっぽくね?」と急に不安になってきて。

ええ。DOでもEことですよ。つか、そんなことを気にしてる暇あったら、後4分で始まる授業に行けって話しですしね。

でも、そういうのって、一旦気にしだしたら・・うほぉ~~~!!
パッケージはすげえ今でも鮮明に覚えてる
「なんか、ファミコンのマリオとかに出てきそうな気が書いてあって、そっから「ぷーん」ってコミカルに描かれた蜂が一匹出てきてるっていうシンプルなものでして・・

あー、きになるわ~~!!!

予断ですが、はちみつレモンのブームの後やってきたアセロラドリンクブームにもしっかり乗った僕としては

コンビニで売られている「アセロラ500レモン入り」という例のパックジュースにすごい複雑な気持ちを抱いてしまいます。

当時アセロラのせいで世間から消えさてしまったレモン君。大げさに言ったら「被害者と加害者の奇跡的コラボレーション」え?はちみつ?んなもんはプーにでもくれとけっての!!!

飲めば、当時の思いでよみがえる。
そんなアセロラ500レモン入りは・・・・どこが出してるんだ?うわ!余計なこといわなよかった!

だっきー・・

ではでは

ああ、テストは昨日テンパリながらもネットで集めた資料をどうにか頭に押し込んだり、実は持ち込みありだったという神風が吹いたんで、DOにかなりそう・・なのか?
しらね!

ではでは2
[PR]
by sansetukon4 | 2005-04-26 19:39

ハイプレッシャー

日常生活であるとき、それまで気にも留めなかった出来事がなんらかのきっかけで、全然関係ないと思われていたことと結びつき、点と点だった、両方の出来事が一本の線になることがある。

あるときは、遠い昔に過ぎてしまった出来事同士が、とあるきっかけで結びつき、そこに隠された意外な結果に驚き、あるときは、その線が予想もできなかった更なる出来事を告げる効果を果たしたりする。

しかし、人間は対外自分の関心のある出来事以外を、脳内無意識で点として処理してしまうため、それらが線として目の前に現れたときにはもうどうしょうもない状況になってたりする。

今日、授業中にぜんぜん知らない子に話しかけられた。
昨日の日記で書いたように、僕は今、すごい鼻づまりのせいで耳の調子までわるく、そのときその子が僕に何を言ったのか聞き取れなかった、だから何度も聞き返した。
しかし、何度聞き返しても、自分には関係ないことを言っているような気がして、彼女のいってることが頭に入ってこない。
彼女もそんな僕の態度に気づいたのか、何回か同じことを言った後「人違いでした」といって、どっかにいってしまった。

「人違いで話しかけられた。」
なんてことはない、日常の一幕だ。

でさっき。あさってに迫った比較文学のテストに向けて、喫茶店で勉強してたときだ。

ふと、何かのきっかけで、今朝あったその出来事が頭によぎった。
同時に、なぜか知らないが、いや多分無意識になんだろうけど、それとは全然関係ない出来事が、頭によぎった。

その瞬間

僕のそれら無関係だと思われる出来事が、頭の中でつながりひとつの線となった。
しかも、その線は、最悪のイベントを描いている。

まさか・・・

そんなわけないと思い、勉強に戻ろうと意識を教科書に向けようとするも、一旦できてしまったその線は、脳の隅に追いやろうと知れば追いやろうとするほど、僕の意識を支配してゆき、また、その線は、さらに関係ない僕の日常にありふれた光景のワンシーンと結びつき、より太く強烈な線になっていった。

もう、勉強どころじゃない。

僕は飲みかけのアイスコーヒーを一気にあおり、飛び出すように喫茶店を後にする。

そんなわけないじゃないか!家に帰って調べれば分かることさ。

そう自分に言い聞かせている間にも、意識は、ここ一週間の記憶を駆け巡り、その中に潜む他愛もない出来事のなかから、その線の存在をより際立たす出来事を探していく。
そして、僕の足はそれに比例して速くなっていく。

家に着く前にはもう、調べなくてもそれは事実として目を背けられないくらいの大きさになってぼくの意識のすべてを支配していた。
階段を登る足は、さっきまでとは打って変わり、すでにあきらめたように、重くなっていた。
ここを上りきって、家に入り、ちょっと調べたら、それは僕の中でのリアルから、どうしょうもない、本当の「現実」になってしまうという確信が、家に帰ることを少しでも遅らせようと、無駄な努力として、足にかせをはめる。

できればうそであってほしい。

そんな気持ちで家の鍵を開け、真っ暗な部屋に明かりをつけ、一呼吸おく。

そして、授業の選択表を手に取る。

あたりまえのように転がっている事実。
そこには一滴の希望だって残ってはいなかった。

―――――

えー、っと。ほら、文系の3年生って、インターンの関係で今月いっぱいっていうか、今週で授業が全部終わるんですよ。

つまり、それらの授業は今週がテストっていうことで。

で、僕は、つい1時間前まで、自分がとった3年生の授業って、勉強してた比較文学一個だけだと思ってたんですけど

なんていうか、モウ一個あったわ・・

しかも、先週風邪で休んでるし・・資料はナシに等しい。
そして、今日話しかけてきた子の話の中にかろうじてあったと思われる「文系」という単語・・

終わりって言うのは、いつもあっけないくらい簡単に訪れるものさ・・

い、いや、まじどうしよう?!!!

明日泣いている僕がいたら、みんな優しくしてね・・

ではでは
[PR]
by sansetukon4 | 2005-04-25 22:26

チャラヘチャラ

2日連続でM画る日常。

飲んでたポポンSやらビタミン剤は体の中で吸収されていると思ったら、全部鼻水として体から出て行ってると知ったときの絶望感。

そりゃ、黄色っていうかギ色な鼻水が出るわって話。
今の僕は、つまり、レモン4096個分のしょっぱさだって言うことなんだ!

ただ、クラスメートに言いたい。人が鼻水かんでるときは、そっとしておいてほしいんだ。

それが、やさしさじゃないかな?

ではでは
[PR]
by sansetukon4 | 2005-04-25 15:20

M画日本昔話1-8

ローラーァーしょうぅみ ネタ切れだ♪
この歌 意外と 作りにくい~
でーきたところで すげえ微妙~~~
あーあぁぁああぁぁー ゆーめものがたりーぃー♪



  もら太郎1-8



「ホントウハ、おまえだって気づいているんダロ」
鬼は優しい声でそういいました。

「・・・・・・」
もら太郎はなにも言い返さず、鬼を見つめていました。

・・・・・・
しばしの沈黙

そして
「お前だって、本当は気づいているん・・ダロ」
鬼はもう一度同じせりふをもら太郎に投げかけました。

「・・・・・・??」
もら太郎は理解できない様子で鬼のほうをじっと見つめています。

鬼は「んなバカな?!」と、動揺した様子で、もう一度言いました
「お前だって、本当は気づいてるん・・じゃろ」

「ああ!」
もら太郎は鬼の3度目の問いかけにやっと答えました。
「ワカッタ?」
鬼はうれしそうに言いました。

「いや、つか、似てねえよ。「じゃろ」いわれて、ああ、こいつオジイサンの声マネしてんだなってやっと気づいたわ」
「ウソー!ジブンデハ100テンマンテンマウンテンナンダケドナ~」
「うわ!お前今なんていった?」
「エ?100テンマンテンマウンテン?」
「うわ!うわ!助けて!!まじ、きつい!まじ、マジきついよそれは!やっぱ、お前はこの世界にいちゃだめだ!」
「オイオイ、ギャグヒトツデソンザイゼンヒテイカヨ」
「まあ、存在も何も、僕らどっちも架空なものですしね」
「ソレハイウナヤ」
「まあ、お前に限って言えば、ポルトガル辺りにでも行けば存在も認めてもらえるんじゃないの?」
「イケル?アカオニ、カステーラ。イケルカナ?」
「いや、知らんよ」
「ンダヨ!ノリキラネーヤロウダナ!スコシハオジイサンヲミナラエヨ」
「まあ、自分が乗りにくいのには3つ理由がありまして」
「ン?キニナルヤン。ナニヨ?」
「前回までの敵対関係から、今回の話になっていきなり普通に掛け合い漫才じみたことを自分がするのは如何かって言うのがひとつ」
「アーネ、マアタシカニ。デモ、キニシスギトチャウン?」
「二つ目は、お前はほろ酔いで気分がいいかもしれないけど、自分は、しらふだし、ここ線路引いてないから動けないし、正味ちょっとお前に引いてる部分があるよね」
「ナルホドネー、マワリガテンションアガレバアガルホド、ドッカヒイチャウッテイウノハダレニダッテアルシネ。ソレニクワエテウゴケナイッテイウノハ、チメイテキスギルヨネ」
「3つめの理由は」
もら太郎は、そこで一旦言葉を区切り、一呼吸すると怒鳴るように言いました
「お前のせりふ読みにくいんだよ!なんで、今日という暇でおじいさんはそこをつっこまなかったんだよ?自分はもうお前が家に来たときから「えー、正味これはきつくない?せめて漢字変換はしとけよ!」っておもったよ!つか、話自体がだんだん長くなるにつれ、妥協できなくなってきてるのは分かるけど、いまどき、片言の表現としてオールカタカナって言うのも如何かって感じがするしさ。そもそも、緊張感が生まれねえんだよ!」
もら太郎は、そこまでまくし立てると、鬼の反撃を待ちました。

ところが、鬼は言い返してこないどころか、実際本気でへこんでしまいました。
「オマエ・・ソコガチデイウコトナクナイ?」
表情はもう、かなりなきたそうな感じになって搾り出すように鬼は言いました。

そんな鬼にもら太郎はさらに容赦なく言います
「いや、泣きのせりふですら、読みにくいし、ふざけてる感じがしちゃってるし」

「ナンヤオマエ!ツーコトハイママデオレノセリフヲマトモニキイテナカッタッテコトカイ!」
今度はとさかに来た感じで鬼は言いました。表情豊かです。
「まあ、そういう感じだよね」
「チョットマッテヨ!ジャアナニ?ゼンカイノシリアスナカイワトカモジンブテキトウダッタッテコト?」
「んー、正味「あー、空気的にはこんな事いってんだろな」って感じで答えてたわ。つか、見栄切っとけば対外決まるっていう風にしか考えてなかったかも」 
「ナンダヨソレ?ソレジャ、ゼンカイノサイゴニオレガイミシンナセリフハイタイミホトンドネエジャン」
「まあ、話跨いでのネタだった云々より「あー、なんかやっと読みやすいセリフ吐きやがったな」としか思わなかったな。だって、分かってるでしょ?って聞かれたところで、自分が分かってることって言ったら「お前のセリフは読みにくい」くらいだし」
「オマエノイシキハ、ソッチニシカナイノカヨ!ダカラ、ホンライソコデオマエガ「ゼン」トカ「アク」トカ、ソウイウガイネンニツイテフカクカンガエルッテイウテンカイヲコッチモヨソウシテタノニリアクションウスカッタンカイ!」

「それで、自分が深く考えたとして、お前との駆け引きの末、オチが「オジイサンの物まねでした」じゃ、しょっぱくない?」

「イヤ、ウン、マア、ノリデオシキレルトオモッテタブブンガナイトイッタラウソニナルワナ」
「つか、8話まできて「ノリで押し切れる」はないだろ、いいかげん」
「カエスコトバモゴザイマセン」
「でもさ、自分的には、前回のその善と悪みたいなことでオマエと自分が問答をするって言う描写はありだと思ったよ」
「マジデ?ヤルマエイッシュン「アーコレハカラーチガウカモナー」ッテオレハギャクニオモッチャッタケドネ」
「そう?もとから自分はオマエを「悪」って決め付けてた部分があったから、ああいう切り返しは、たしかに古典的といえばそれまでだけど、話を盛り上げるには必要だと思うよ。ただ、さっきも言ったけど、そういうシーンでオールカタカナは、つらいよな・・」
「・・・・」
「まあ、いいよ。ところでオマエ結局自分をこんなところに連れてきて、何がしたかったの?まさか、物まね披露したかったわけじゃななかろうし」
と、もら太郎が言うと、「待ってました!」といわんばかりに鬼は微笑み言いました。

「ジツハナ・・・」

つづく
[PR]
by sansetukon4 | 2005-04-25 15:16 | M画日本昔話

だっきー、これ!

鼻づまりのせいで、聴覚までおかしくなってきました。
偏頭痛にシンクロして、右目、親知らずがロンドをかなで始めました。

ども、サンセツコンです。

とりあえず、M画おいておきます。

ではでは
[PR]
by sansetukon4 | 2005-04-24 20:22

M画日本昔話 1-7

ローラーー すっかり忘れてた
来週 地元で 同窓会~
どーっちんせ しょうたーいじょう
とどいてなーーい ああーあぁああああー
夢物語ーぃー

「もら太郎7」

鬼はもら太郎を抱えたまま、森の中をどんどん進んでいきました。
その間、鬼はもら太郎の口から手をどかさず、また、鬼自身も一言も口をききませんでした。
しばらくすると、森を抜け、小さな丘にたどり着きました。
鬼は、そのまま丘を登っていき、頂上にある岩のふもとまで来ると、もら太郎を地面降ろし、自分はその岩に腰をかけ、懐からおじいさんの家から持ってきたであろう酒瓶を取り出すと蓋をあけ、のどを鳴らしてあおり始めました。

鬼の後ろには、まんまるで大きな月がこちらを照らしています。
その光を受け、鬼の体も妖しく光り、その体をいつもの何倍も大きく見せていました。

もら太郎は、そんな鬼の姿を地面から見上げながら言いました。
「こんなところまでつれてきてどうするつもりだ!」

鬼はもら太郎の問いかけを無視して、いや、そこにもら太郎なんかいないかのように、酒をあおり続けました。

そして、酒をあおり終えると、口から滴る酒を毛むくじゃらな腕でぬぐい、もら太郎のほうではなく、月のほうを見て独り言のように鬼は言いました

「ナア、オマエガイウセイギッテナンナン?」

もら太郎は最初それが自分に向けられた質問だとは気づかず、すこしして答えました

「お前みたいな、人をだましたり、裏切ったり、傷つけたりするやつを退治すること!」

もら太郎の答えを聞いているのかいないのか、相変わらずつきを眺めながら鬼は言いました。

「“オマエミタイナ?”ナァ、ジャアギャクニキクガ、オレハオマエノメノマエデ、イツヒトヲキズツケタ?イツヒトヲウラギッタ?」

「今、実際におじいさんたちを裏切って自分をこんなところまで連れてきたじゃないか!」

「モシ、オレガオマエノイウトオリ、オジイサンヲウラギルツモリダッタラ、オマエヲココニツレテクルマエニ、オジイサンタチヲコロシテシマウハズジャナイカ?」

「それは・・とにかく!お前は人々を苦しめる悪いやつなんだ!そして、自分は、おまえら鬼から人々を守るために生まれてきたんだ!」
もら太郎は月の光を受け、妖しく輝くオニの背中に向かって叫びました。

オニは、もら太郎のその叫び声を聞いて、初めて、そこにもら太郎がいることを思い出したように、振り返り、もら太郎を見つめると、いつものオニの野太い声ではなく、やさしい声で言いました。

「ホントウハ、おまえだって気づいているンダロ」

つづく

 
[PR]
by sansetukon4 | 2005-04-24 20:02 | M画日本昔話


街は後いくつの戸惑い投げかけるの?