超☆未期限



きちがい日記6

四半世紀も生きてるとそれはいろいろなことがある。
物価が上がった。週刊誌は170円から230円になった。
のに内容は薄まっている。
四半世紀分を振り返り、先の四半世紀を思うと、だいたいこんなもんでしょ?
みたいな感じになってしまう。

それは、中学時代とかに感じる漠然とした将来に対する不安とかではなくて、25年分の経験から、
社会人になった今これ以上不安や期待を抱けるイベントがない今からさき、ここでどうなっていくのか、大体がわかってしまうという諦観。不安であれば期待もできるが。あきらめてしまったらそこで試合は終了なわけです。

銀歯もいれました。
シャンプーの残り香もしなくなりました。

ありがたいはなしです。
[PR]
by sansetukon4 | 2008-02-11 14:49 | キ違い日記
<< 気ちがい日記7 きちがい日記5 >>


街は後いくつの戸惑い投げかけるの?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31