超☆未期限



気違い日記2

愛も変わらず鏡に向かい自分を罵る日々。
はて、そこに映るのはだれなのか?という疑問も起きなくなり、脱糞もしなくなった。
特に脱糞しなくなったのは大きな進歩と呼べよう。あれはつらい。出す瞬間は前立腺を刺激するように、また、摂食と排泄という機能を持続させるため、それらには快感が伴うせいかはたまた後ろめたさからか、非常に気持ちがいい。が、所詮それは一瞬的なもので、むせ返るにおいとそれを掃除しなければならない現実にゲンナリしてくる。
もちろん気違いがそのようなことを気にしてはいけない。が、常人と気違いへの途中段階にある僕にはまだそれをそのままにできる気概はなく、気になってしまうのもは仕方がない。
毎夜毎夜なきながらそれの処理にあたっていたわけである。
が、このたびついに脱糞せずに鏡の向こうの自分が放つ痛烈な「気違い」という言葉をあるがままに受け入れることができたことにより脱糞をしなくなった。

まて、そうなのか?はたしてボクは気違いというゴールに向かい理性という箍を本当にはずせているのだろうか?はたまた、それはタダ単純に脱糞の処理ならびに直後の自己嫌悪を恐れ、その行為にたいしてむしろ理性の箍が硬くしまっただけではなのだろうか?

バナナを食べながら僕はそれらについて考えていた。
そしえ、バナナを食べ終えるとまた鏡に向かい自分を罵るために洗面所に向かう途中自分の投げ捨てたバナナの皮で足を滑らせ、フローリングで後頭部を痛打する。

痛い。

がめげずにかがみに向かう。
するとそこに映っていたのは見慣れた僕ではなく、ゴリラであった。

ゴリラは言った「バナナ食べたい」
ボクの口が意識が「気違い」というたびに、いや正確には言ったつもりになるたびに、鏡の向こうのゴリラは「バナナ食べたい」とボクの聴覚ならびに意識に訴えかける。

正解は何だ?
この際正解を求めるのは無理かもしれない。
しかし、さっき食べたバナナが家にあったバナナの最後の一本だったのです。
ゆえにゴリラの願いはかなわない。
買いに行くための下着もお金ももうない。
ゆえにボクは冷蔵庫にある福神漬けを食べます。

甘い。
鏡の中のゴリラは満足げにバナナを食べている。
ボクはいや、僕とゴリラはまた新たなステップに進めたようだ。
[PR]
by sansetukon4 | 2007-10-20 22:55 | キ違い日記
<< 気違い日記3 きちがい日記1 >>


街は後いくつの戸惑い投げかけるの?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31