超☆未期限



ラッキーボーイしるだく

何年かに及ぶ課長への太鼓もちと、目立たないながらも堅実に成績を上げ続けたことが、同期に遅れること3年、やっと評価され、いや、この場合何を言われても反論せず(できず)、実力がないのをわかっていながら(いるから)、大きな成功も失敗もしないよう、そして見返りなど望める(だけの)身分ではないことを悟りながら滑稽に上にこびている姿勢に、優しい会社がくれた慰めであり、やがて天下を!と野望を持つ部長に昇進した課長が自分を忠犬として、何一つ今後不都合が生まれないように、そして自分の派を磐石にすべき添えてくれただけにすぎない。

などと思うもやっぱりうれしいものはうれしい!
あほかっての!何年こちとら媚びたと思ってんだよって話で、さ。
入社してすぐ方々で噂をあつめて、さ。
まさか自分の直属の上司がいまのTOPを含め社内外からの注目を一身に受け、名実共に次期TOP候補NO1としったときは、今後の社畜人生最高のスタートが切れたって思ったね!

まぁ、社風がかわいい子には旅させろだか年功序列だか、はたまた課長があまりにもまだ若かったからかはしらないが、上が抜けたり変わったりで先に同期が出世していくのを見るたびに不安にはなったし、媚びること腰ぎんちゃくであり続ける日々に卑屈になったりもした、がだ。果たして自分の才覚といったら媚びること、誰かに取り繕うことだけしかないことを20も過ぎた頃から諦観気味に自覚していたし、それら以外の手段で(たとえばそれは正当、王道)欲すべきものを手にする事などこれまた考えられないので(ようは自信の「信」が僕には生まれながらにないようだ)、ようはなるようにしかならないと自分に言い聞かせやってきた。

・・・今日くらい卑屈にはなりたくないと思っても、ついつい同じような考えが頭をよぎってしまう。まぁいい。これから変わっていこう。なんにせよ、これから管理職だ。少ないながらも部下がいる。その長が僕だ・・・そう、ぼくは課長になったんだ・・・

人生においてのたったの3年じゃないか!待っていろよ!すぐに並んで追い越してやるからな!と、人生で初めて長になれたという事実から、卑屈な人間なりにかなり屈折した形ではあるが、初めて抱いた向上欲、出世欲に戸惑いと心地よさを覚えていると目の前の部長が言った。

「というわけで、しるだく。このセクションの管理をお前に引き継ぐが、まぁ、そんな大きなプロジェクトでもないし、気張らずに、頼んだぞ!あと、おそばせながら管理職に就けたことがうれしいのはわかるが、そのいやらしい顔でこの場で引っ込めてから席にもどれよ!」
どうやら、よほど気味の悪い顔をしていたようで、部長はしゃべり終わるなり、犬でも追い払うようにシッシと手を振り、すわり心地のよさそうないすをクルリとまわしてこちらに背を向けてしまった。
「は、はい・・!ありがとうございます」僕はそれだけ言うと、心を落ち着かせるために、背中の翼前に持ち上げ、両手でポンポンと2回たたき、部長の部屋を後にした。

あれから3ヶ月が過ぎた・・・

なるほど、確かに引き継いだプロジェクトはたいしたものではなかった。多分それまでの働きっぷりを見ていた部長の配慮なのだろう・・・だが・・・

この3ヶ月でしたことが馬糞掃除と痴呆老人の指輪探しって言うのはどういうこと?!
しかもやたらと部長は現場に介入してくるし。
なにが「自分の担当の課同行することになったんだがたまたまお前のところが最初だったわけよ」だよ。どうせ、あの宿屋のねーちゃんとイチャイチャしてえだけだろっての!いや、いいんだけどさ、別に。
とまぁ、たいした仕事はしてもいないのに、やたらと成績と評価だけは上がっていく。
ただこれは「しるだくはいいわよね。部長が元上司で。私もえらべるんだったら部長の下で働きたかったわ」というどうきの言葉や、色々と気を使ってやってるにもかかわらず、部下がまったくなつかないどころか、ため口あたりまえ、下手すれば俺の存在をほぼ無視してくるところを見ると、何のことはない、結局僕がどうこうではなく、部長という看板がそうさせているに過ぎなかった。

6ヶ月が過ぎ、後半期の成績を報告する日がやってきた。
あの後、(なぜか部長と)老人を魔物から助けること2回と土砂崩れのあった崖道に兵士を派遣してもらう手続きをとった事くらいしかまともに仕事をしていないのだが、これがなぜか全社1位の評価になった。そして、僕に限らず会社全体が前期、後期非常に業績がよく、ついに会社創立からの悲願であった売り上げ1兆円に到達したのであった。

で、到達したのもつかの間。それらの中に粉飾決算やら虚偽のデータがあるということで、税務署から鳴雷をくらい、会社はあえなく倒産の危機に。さらに粉飾とか虚偽って言う時点でなんとなく予想はついていたが、僕の売り上げの中に大量にそれらは発見され、あえなく責任を取る形で僕は馘首。会社を去る最後の日までついに部長の姿を見ることはなかった。
まぁ、こんなもんだろうなぁ。裏切られたっていう感情は多分、対象に信頼だったり利害を求めて初めてもてるもので、僕には社会で生きていく手段の選択肢がそもそもなかったし、唯一あった媚ですら、結局は自分のためにやっていたこと。期待もしてなかったし、いや、課長になれたとき、そりゃ多少の期待もしたが、今手元に残っている、しばらく贅沢できるだけの(本当は違うが僕はそう呼ぶことにした)退職金と、管理する峠知り合った口うるさい若い恋人を見れば、期待していたものと同等くらいのものは手に入れたか・・・なんて思えてしまう。つまり僕が社畜として期待していた未来なんていうのはその程度のものだったわけだ。

時間もできて、何するでもなくゴロゴロしていたある日、当時管轄だった村の娘さんからはがきが届いた。なんでも、亡き父が昔都会でやっていた今ではすっかり落ちぶれた宿屋に支配人としてスカウトされ、それまでの経営を一身建物もリニューアルしたので是非遊びに来てくださいとのこと。しるだくさんにはお世話になったので特別割引で賜わります・・・か。
確かに彼女が切り盛りしていた村の宿屋は小さいながら、非常にいい宿屋だったなぁ・・・
懐かしさと、いい加減ゴロゴロしているのにも飽きたので、僕と彼女は連れ立って、彼女が切り盛りするその宿屋へと旅立った。

宿屋は誇張なしにすばらしいものであった。
部屋はきれいだし、ベッドはふかふか。料理はその辺の一流レストランよりもよっぽど上品だし、どこを見てもサービスが行き届いている。
僕らはここに数日泊まり、近くを観光した。
そのついでに、この界隈で悪さする黒木氏なる悪漢を退治することになったが、いかんせん僕一人では倒せて精々人面蝶くらいなので、首になった会社がトンと傾いたおかげで増え続ける魔物に帰りの旅路も考え、僕は警護を3人ほど雇うことにした。
ホテルには流石、人材派遣会社の窓口まで併設されており、僕はカタログを見ながら、3名をピックアップすると、すぐ横の扉から今指名した3名が顔を出し、こちらに丁寧にお辞儀した。
さて、彼らの格好をみると、とても僕らを警護できるようないでたちではなく、この3名専門は違えどみんな同じように「ぬののふく」をきている。
この人材派遣会社のユニフォームなのか・・?と、不安に思っていると受付の子が
「彼らの能力については当社が保証いたします。装備品に関しましてはお手数ですが、しるだく様のほうでご用意いただければ、後ほど金額の半分を当社がお支払いします」とのこと。
まぁ、それはいいとして、なんだろうか?彼ら彼女らのあの「ぬののふく」姿・・・それで僕の後を忠実についてくる様・・・

これは・・・まるで・・・奴隷商人?!
えもいえぬ快感が僕を襲う。そう、今まで虐げられてきた、卑屈な人間が本当の意味で上に立った快感・・・これ、は・・・

この瞬間、当ゲームにおける最大の魅力である着せ替えシステムは意味をなくした。
そう、どこまで言っても「ぬののふく」奴隷商人プレーの始まりである。
更に、奴隷商人自身が戦うというのはなんかへんなので、人材派遣会社の人に教えてもらった「応援」これを中心に戦闘を進めることを黒木氏にボこられながら決めた。
この瞬間、ワイヤレス通信における僕のキャラのアイディンティティーは消えた。
どうせ使わないからとスキルポイントためっぱなしにしたら100以上は消えるので、とりあえず盗賊を100にした。意味はなかった。

まぁ、そんなこんなで「ぬののふく」上下セットの2人と「ぬののふく」と「ブーメランパンツ」にインテリめがねという僧侶を付き従え、基本全滅を前提に紆余曲折、ときには毀誉褒貶されながら、気づきゃ元の会社の元上司に裏切られ・・・たとおもったら実は部長は超いい人で・・・みたいな茶番があったり、砂漠のおきてで女子風呂覗きほうだいになったり、学園名探偵はじめたら地下室で3回連続全滅くらったり、その間も生徒は金縛りで大変だなぁだったり、そこでビキニパンツを戯れで買ったら、そんじょそこらのスカートよりよっぽど守備力高くてあわてて「ぬののズボン」にもどしたり、ドラゴンが出てきて元気玉されて消し炭になったり、その合間に彼女に話しかけたらぞろ目がでて愛称が「ラッキーボーイ」になるも、後半になるに従い、しきりに「あんた弱すぎwそんなんでよくここまできたわね」とぬかされるわ、後半的の火力がすさまじく、魔法使いが打撃2発で昇天、下手すりゃ痛恨一発で昇天という最早HPって何みたいなことものりこえ、ついに、ついに最後まできたのですが・・・・

無理だって・・・
てか、これいまさら「ぬののふく」解除しても関係ないような・・・
てか、決め手がなさ過ぎる。ボス攻撃してるの実質戦士一人だしなぁ・・・
と考えていたらDS4時間も放置してました^^)v
まじで、これラッキーボーイしるだく。はい、いいえしかいえない卑屈BOY。
おっさんにそそのかされてついには○○になっちまったわけだけどさ。

だめだ。諦めて宿屋の呼び込みで余生おくらないか?
最近は恋人に「なんかあんただけ敵から攻撃受けてなくない?」いわれ、グループの中も険悪になってきてるし・・・違うんだ。受けてるけど、装備の違いで死なないだけなんだ;ω;)

まぁいい。
とりあえず、セイブザワールドするために、水銀ぶっとばしてきます。
ではでは
[PR]
by sansetukon4 | 2009-07-15 00:15
イタイイタイ >>


街は後いくつの戸惑い投げかけるの?
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31