超☆未期限



イタイイタイ

二日酔いで頭が割れそうに痛いです。こんな痛さはアテネを生んだ時以来ないかもしれません。あ、どうもゼウス@立花です。

基本的にお酒はすきなのですが、強くもなく、また、タバコを吸うようになってから、余計にお酒が弱くなり、今まではとりあえず周りから煙たがられようがおきていたのですが、齢26になったと同時にある程度飲むと睡魔に襲われるようになり、寝たらねたで次の日「頭が痛い」の悪循環にすっかりはまってしまっているわけです。

まぁ、お酒を飲む人だったら誰しもわかると思うのですが、二日酔いはきついわけじゃないですか。それはつまり、さ、アルコールって野郎を使って自身にブーストかけてるわけで、当然それを使ってテンション上げた日にはその反動を身に受けなければならないわけで、さ。そういやぁ、昔誰かがいってましたっけかな?人間の脳みその「楽しい」と人生で思える最大量ってそれぞれきまっていて、お酒はもとより怪しい薬だのってのはその「楽しい」を無理くり先取りしてるだけだって。だから、だんだん楽しいと思えないけど、それらが無いとそもそも楽しいが消えちゃう状態になるから摂取し続けないとやってけない、いわゆる中毒者になってしまって、そのそのそのころには脳みそにもう「楽しい」がこれっぽっちも残ってなくて、後はご存知惨めな人生なわけで・・・ってあれ?なにをえらそうに僕は講釈たれながしてるんだ?まぁ、こんな誰かが濡れたコースターに書いたような幸福論なんざ、どうでもいいや。

でつまり二日酔いはきついしできたらなりたくないけど、お酒はやめられない。でもお酒は弱いという三すくみにもならなければ、これが他人だったら即匙を後ろに放ると思うのですが、
いかんせん自分自身がそう思っているわけで、「俺のやりたいことを、俺はできるだけやらせてやろうと思っている」というのをポリシーとしている僕なので、さっそく「飲んでも二日酔いにならないためにはどうすればいいのか」をグーグルで調べたり、教えてgooで聞いたりし、wikiをいろいろ調べて回ったわけです。

有象無象が蠢く現の虚構ネットの海で得た根も葉もつかない情報の中には当然、怪しいものもあり、実践しても効果がない、もしくは余計悪化したなんてのもありましたが、それでも僕は
グーグルに「体に酒を残すのがよくないので吐け」と書いてあればそれを実践し、吐き癖をゲットし、教えてgooに「人体の血流は引力と密接に関係しているので東に向かって拝め」と書いてあればそれを実践し1ヶ月続けて祈ったある日、夢枕に天照大神が立って
「そなたの熱心な祈りに感動した!」なんて抜かして、人も枕元にでっかい樽おいてくもんで「御上様、これは一体なんですか?」って聞きながら樽の封を解くと中からプ~ンとアルコールのにおいが・・・
「そなた、毎夜毎夜泥酔しながらもわらわに祈りを捧げておるが、よほどの酒好きと見たゆえ、この常世秘酒を少し分けてやろうと持ってきたまでよ」
「え?いや、うれしい・・・といえばうれしいのですが・・・」
「まぁ、飲む飲まぬはおぬしが決めなさい。夜更かしはお肌に大敵ゆえ、わらわはそろそろ帰ります」
と、懐に僕のお袋が使っているSK2を忍ばせながら天照大神は常世に帰っていった。
さて、残された僕は、当初と方向性が全然違うとはいえ、思いがけず手に入れた常世の秘酒とやらがさっきから漂わせる、まさにこの世のものとは思えぬ芳香に鼻くすぐられ、心躍らせ「そもそも常世に時の流れはないわけで、その常世の酒で二日酔いなんざ洒落にもならんもんな」なんて嘯いて、早速杓子ですくって一口・・・沙羅双樹の華の下、常者必酔のこのこくまろやかさ!言い表せないその美味に、我を忘れてむしゃぶりつけば、頭に咲き出す現の心理、アレとあれがああなれば、それすなわちビックバーン!そうしてうまれた森羅万象の一片から生命が誕生して、われわれにいたるまでの進化の歴史を5周はして、汝は我で我は汝に程よく補完されたところで意識を失い、次に我を思い出したのが、まさにこの世のものとは思えぬ頭痛でだった。人には過ぎた宇宙の理なんざを見たがためにまさかこの小さな鶏にも劣る脳内でよもやビックバーンがおこるとは・・・しんどい・・・ってあれ?割れそうなほどの痛みを覚えているのは何も頭だけではなく、ふと自分の下腹部をみると、そこでも小さな泥鰌が一匹佇立、いや本人的には怒張か・・しているではないか!!まぁ、僕はまだ26なので、寝起きのそれなら生理現象的にたいしたことではないのですが、今の泥鰌のそのテンションは間違いなく、これから1戦、いや10戦でも100戦でも交えんばかりのテンションではないか?
これはどういうことかと近くに転がっている常世の酒が入っている樽に目をやると、昨日は暗かったので気づかなかったが、そこにはラベルが貼られており
「アラハバキ印の高級泡盛:八塩折の酒 沖縄産八岐の首入り」
・・・・・・どこからどう突っ込めばいいのかまったく検討がつかないまでも、下腹部を何かに突っ込まなければ如何ともしがたいとだけは確かで、早速電話でデリバリーされてきた方5名と1戦、10戦、100戦交えると、あら不思議、交え終わった頃にはすっかり頭痛もどこへやら、さてではデリバリーのお嬢さん方、これから一杯のみには行きませんか?なんて消えていきます赤提灯へ・・・・ってこのよくわからない茶番はこの辺でやめさせてもらうわけにはいかないか?まぁ、ここまで茶番に付き合ってくれている人がいるのかって話ではアル・・モゴモゴ。

まぁさ、とにかく紆余曲折、失敗、挫折、同衾、いろいろあったわけですが、
そんな中から「これは二日酔いに効く!」なんてのベスト3なんか発表したいわけですよ。
この日記書こうとおもったときには、てついさっきなんだが、まさか上記茶番なんて考えてなかったわけで、本当はこのベスト3から話を広げようと思ったのですが、今は遠い昔。
まあいい。酒飲み共よ!二日酔いが怖ければとりあえず次の感じを実践しながら飲めばいいと思うよ。
はい、
第三位飲む前飲む後ウコンの力を飲む
第二位酒の合間合間に水飲め
第一位どんなに泥酔してようが、寝る前に風呂はいれ

え?当たり前すぎやしねえかって?
アホか!その当たり前が先人の頃からできねえからピラミッドの壁画にも
「もう飲まねえ・・・」
って書いてあるんだろうが!まぁ、このベスト3についても講釈たれたいんだが、あいにくこれからドラクエGETしに行かねばならないのであとで思い出したときにでも、自分史としてまた蛇足を増やしておこうと思います。

PS:親愛なる僕へ、どんなに酔っても、人に迷惑かけてもいいけど、体が傷ついているのと、ATMでむやみにお金を下ろすのだけはやめてください・・・次の日ホントいろいろつらいんで・・・

ではいったんこの辺で
[PR]
by sansetukon4 | 2009-07-11 13:55 | 塩辛と渡世術
<< ラッキーボーイしるだく ホルスタインが言う。 >>


街は後いくつの戸惑い投げかけるの?
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31